食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋など

秋には比較的いいイメージが似合います。

これらに付け加えて 瞑想の秋 というのはどうでしょう。

気候も過ごしやすく、外出もしやすく、自然の風景が最も輝く季節が秋

そんな素晴らしい季節に、瞑想をするというのがとっても贅沢な気分になります。

夏の疲れを癒す といった意味や、いろいろ考えていたことをリセットするといった具合に・・・

一度立ち止まって考えるきっかけにする など 瞑想の使い方は人それぞれです。きっと秋という心強い援護者が見守ってくれるからこそ 安心して瞑想ができるのかもしれません。

気分よくいられる季節にこそ、自らの心の奥底に触れてみたいものですね。

 

秋と瞑想は とてもバランスがとれて相性が良いのです。