大人になるってどういうことだと思いますか?
たいてい大人になるとは、学校を卒業して働くこと、結婚すること、親になることです。

けれど、本当にそれだけでしょうか。
大人になるというのは、どれ位自分に責任を負えるのかということ、どれ位社会や家族の役に立てるかということです。

そして、人々とより良く関われるかどうかということはとても大切な点です。
幸せな人生を生きたいと願うなら、人々と気分良くコミュニケーションをとれなくてはなりません。
そのためには、感情の面で自分をより良く保てるかどうかが関わってきます。
訳もなく不機嫌になって周りを不快にするのは幼く、気持ちの波があっては良い関係を築けません。

毎日機嫌良く、明るく朗らかに暮らすためには、心の中に隠れている過去に感じた怒りや悲しみ、くやしさや寂しさなどを手放すことが大切です。
そうすれば、誰でも若々しく爽やかな気分で暮らせます。

怒りや悲しみや、くやしさ、寂しさなどを感じさせた体験は、確かに腹立たしく、悲しく、くやしくて、寂しい体験だったに違いありません。
けれど、それらを体験してどうにか乗り越えたからこそ、今のあなたがそこにいます。

多くの霊的な人々は成長や変容を望みますが、私たちは自らの体験を通してこそ、それを達成することができます。
そして多くの人が「生きる意味」と「生きる目的」を探していますが、「自分を成長させること」は、誰にも共通するその答えです。

遠い過去のことならば尚更、あなたを怒らせた人、悲しませた人、悔しい思いをさせた人、寂しい思いをさせた人達を赦(ゆる)して、その時に-または今抱いているかもしれない-思いを手放し、その嫌な過去から卒業しましょう。
難しいかもしれませんが、もう終わったことにいつまでもこだわって生きていては、前を向いて生きられません。
それが「過去を乗り越える」ということであり、本当の意味で「大人になる」ことなのではないでしょうか。

30代からは、もう「大人」として生きていかなくてはなりません。
過去のネガティブな思いをいつまでも引きずって生きるのは、まだ「大人」になり切れていないということなのかもしれません。
社会人や親になっていながらも「母親にもっと愛されたかった」とか「本当は寂しかった」と、いつまでも感じながら生きるのはどこかバランスを欠いています。

小さな子供は転ばなければ痛みや危険なことを学べないように、大人も自らが体験しなくては、怒りも悲しみも、くやしさも寂しさも理解できません。
あなたがそれらを体験して今があるということは、他の誰かが抱いているだろう、それらを理解し慈しみ思いやれるということです。
そして、それはかけがえのない大きな霊的成長の証です。
他人に無関心であること、冷淡で残酷であることは、効率良く生きていかれるのかもしれませんが、孤立や分断をもたらして私たちを孤独にし、人生や社会を決して豊かにはしません。

自分の中にあるマイナスの感情に対処しないで、今までと同じように暮らすことは簡単なことです。
でも、もしも今までよりも幸せに生きていきたいと思うなら、いつまでも過去を思い返したり、こだわるのはやめにしましょう。
そして、自分を苦しめ不快にするような思いや考えはもう手放しましょう。
今を生きている自分を愛し、過去の登場人物たちに感謝して彼らを愛せるかやってみましょう。

どんな人生体験も素晴らしい。
自分が生きてきた過去が、例えどんな体験だったとしても、かけがえの無い「今生の生きた証」なのです。

あなたを癒すのは、他の誰でもなくあなた自身です。
そして癒しは孤立することではなく、あなたの人生に調和と豊かさをもたらします。

幸せな毎日がありますように。

 

2017年12月『 基礎スキルクラス 』開催~人生を変える方法を学べます。

©2017 インナーボイス ヒーリングスクール